阿吽

備忘録、つぶやき、記事

必死に

思い通りいかなくて
今が全然
理想と違くて
何にも自信が持てなくて
すべてが間違いな気がしても
自分なりに精一杯、
必死に生きたんだから
それでいい。
だから
ここから、始めよう、一緒に。
焦らず、少しずつ。
大丈夫、大丈夫。

つながり

全部全部違うから、
すべてをわかりあうなんて
無理なのに
相手に押し付けた
その反省で
全部分かろうとした
でもそんなのはやっぱり
無理だった
無駄じゃない、この経験は
活かさなきゃ。

みんな違ってみんないい

その意味を初めて
理解できた気がした

違う、から分からない
分かれない
ただ、知ることはできる。
だから、全部を
分かってもらおうとは
きっとしちゃだめなんだ
それは多分押し付けで
認めたくなくても

だから、相手のそのままを認める。
わからなくても、わかれなくても。
すべてを押し付けない
ただ、知ることはできる。
許し、許され。
もし許されなくて、
傷つけられ傷ついても
理解者がたったひとりいてくれるなら
いなくてもせめて、
自分だけは自分の味方で
いつづけなくちゃ。

衝突、憎悪、
全部きらいなもの
避けて通りたいけど
もしも出会ってしまったら
助けてもらおう
助けよう、自分を。

わかってもらえなくていいんだ

それでも……

個性。

人に、環境に、周りに
影響されやすい自分には
個性が、自分が
ないんじゃないかって
ずっと考えていたけど
影響されやすいのが自分であり
個性、なのかも。

きっと大丈夫

生きてくうちに、
何が待ってるかなんて
そんなの誰にも分からない。
だから、自分の思うように
できることで生きればいい。
他人の意見に惑わされず、
自分で決めて、自分のしたいことを
やってみる。
それでいい
後は考えすぎず、気にしすぎず。
だって、分からないから
生きてみないと。
この先どうなるかなんて
誰にも、誰のも。
だから、大丈夫だよ、きっと
なんとかなるよって
一緒に笑って
こわくなんかない、って
今を愛しく思えたら
素敵なものに、なるはず

自尊心

自尊心がね、圧倒的に
足りないの。
でも本当は、
自分を誇りに思わなきゃ
弱さも全部認めて
ありのままを受け入れて。
弱さを見せられる人が、
本当の強い人。

会いたいな

なんだかな。

インターネットって
恐ろしい
知りたくもないことが
たくさん、刺さる。
難しい。
傷つく。
笑えたら、いいな。
どうして、どこにも
意地悪な人はいるんだろう。
優しい人が傷ついて。
みんなそれぞれ
事情があるのに、
どうしてひとくくりに
されちゃうんだろう。
あなたになにが
分かるって言うの……

笑いあって

こうじゃないと負け犬だなんて
言ってくる人の方が
敗者なのにね
私はあなたがいれば
十分なのに
かわいそうな人ねって
本人に言ったら悪口になるから
これは二人だけの秘密
それくらいなら
神様も許してくれるはず、でしょ?

その目で掴む

いつか消えてなくなるとしても
忘れるとしても
今この瞬間にしか存在しない
微かな確かなきらめきを
あなたと共に感じたい
それが私の
生きた証
だから私は
生きていく
越えていく、
この瞬間のために。

憧れは、遠いから
輝いて見えるだけで
いろんなフィルターが
ほんとはかかってて。
比べることで、
見えてくるものもあって。
間違ってなかったと思えたのは、
嬉しい。

世界の哲学者に人生相談

今日偶然テレビで
世界の哲学者に人生相談
という番組を見た。

ある作業をしながらだったので
途中途中見れていないのだが、
コンプレックスの捉え方について
ゲストに和田アキ子さんを迎えて
話していた。

哲学者デリダ
植民地から来た、というだけで
劣っている人
と当たり前のように見られ
ひどい偏見に苦しみ
精神的にダメージを受け
不眠症になってしまう。
そこで彼は西欧に根付く
二項対立
=物事を優か劣のふたつに分けること
に疑問を持つ。
例えば、分かりやすく言うと
善と悪。
善が優れていて悪は劣っている、
という考え方。
しかし、物事をすべて単純に
優と劣に分けることは、
本当に正しいのか?
例えば、一般的に思われがちな

優 劣
強い>弱い
明るい>暗い
謙虚>傲慢

という考え。
これは本当に、
正しいのか?
一見劣っていると
思われがちなことにも
魅力がそれぞれあるのではないか?
例えば暗い、も寡黙
だったり
明るすぎてもバカみたいだし
強いものは意外と
ポキッと折れてしまうかもしれないが
弱い方が柔らかく折れなかったりなどこの不等号は逆転するときもある!
という話に。
そしてここから
コンプレックスについての話へ。
和田アキ子さんは
背が高いことが
コンプレックスだったそう。
昔はまず大きい女の人がそんなに
いなかったから、服も
足も大きいから靴も
合うものがなかったり、
大きい女は売れないと言われたり
立ち位置に立っていたら
共演した男性に
お前のが目立ってるから
うしろに行け!と靴を踏まれたり
それで後ろに行ったら行ったで
なんで立ち位置に立たないんだ!と
プロデューサーに怒られたり
昔は楽屋共同だったんだけど
自分は私服が
ジーパンスニーカーだったから
男に間違えられて
女性の先輩共演者に
男の人がいるからここでは
着替えられません
と言われ
泣きながらトイレでいつも
着替えたり……と
大きい、ということが
コンプレックスになっていったそう。
つまりこの時点で和田さんは
周りから大きいことは劣だ
と見られ自分でも次第に
そう思うようになっていた状態。
しかし、果たして
大きいことは本当に
劣なのだろうか?
ここで、大きいことの
優、魅力なことを
スタジオでトーク
大きいと
ステージで目立つ、
声量、
スタイルがいい、
キャラが立つことによる知名度アップ
頼れるイメージ
などなど大きいことのメリット、
プラスのことが
沢山出てきました。
このように
単純な二項対立を一度壊して
さまざまな価値観で捉え直して
みることを脱構築、というそう。
そして二項対立の中で捉えられた
一個の単語(ここで言う劣のこと)
は、対立を解体するためにある
そうです。
そしてここで視聴者からの
お悩み相談。
自分は引っ込み思案で
時々頑固で
すべてをマイナス思考に考えてしまう
というお悩みに対して
スタジオで脱構築をしてみると
引っ込み思案は優しい、
いつも頑固じゃないなら
いつも人の考えが正しいとは
限らないし
時々くらい頑固になっても
いいのでは?
頑固、も言い方を変えれば
こだわりだし
マイナス思考も何を持って
マイナスなんだろう?
人の思考と比べるから?
人はみんな違うから良くて
こうして話をするんじゃない?
みんな自分と同じ人だったらねえ?
慎重、なだけでは?
などなど。
ためになる考え方が満載の
番組でした。
もう一度最初から最後まで
ちゃんと見たいなと思い
ホームページを見たところ
再放送があるみたいです!
https://www4.nhk.or.jp/tetsugaku-soudan/
来週木曜13:05-
気になった方は是非
見て見てください📺

譲れないこと

どうか、急かさないで
見守ってよ。
その悪気ない一言が、
どれだけ人を傷つけるか
あなたは分かってない。
ずっと我慢してきたけど
いつも我慢してたけど、
もう我慢できない
はっきり言う
私のために、あなたのために。

弱いけど、それを乗り越えられる
強さを持ってる。
だから、人は意外と強い。
振り返ったってしょうがない
今笑ってられればすべて良し!
むしろ、よく頑張った!